競馬商材と予想配信を徹底検証。激辛過ぎて消されたブログもありますがソーリー (じゅんいちダビッドソン風w)

ガイドライン~競馬商材・予想の選び方⑥「一発大逆転が期待できる予想・商材」

2016.11.03

コンピ指数は


◎競馬商材や予想の選び方はコレを参考にして下さい →  ガイドライン
◎各商材予想の攻略方法やブログに書けない暴露話もアリ。2016年メルマガ特典レポート
「オッズもコンピも使わず回収率100%越えを記録した方法」 配布中!!
メルマガ登録は  コチラ
*最低でも週に1,2回は配信していますので、登録してから1週間たってもメルマガが届かないという方は、迷惑メールフォルダを確認して頂くか、別アドレスでの登録をお願いたします。(ヤフーアドレスが比較的届きやすいようです)
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

さて久々の「ガイドライン」です。

大分様相も変わってきたので、ガイドライン2の「高回収・高配当が期待できる予想・商材」 →  コチラ

のリニューアル版として

 

「一発逆転が期待できる予想・商材」

をまとめてみます。ま、いうなれば万馬券の期待値が高い商材ということですね。

 

 

◎月額予想「3連単6頭ボックス理論」

概要: 予想配信で週2レース程度。1日1レースに限らず、1日で2レースということもあります。

配信時間は当日12:30頃(午前のレースが対象の場合はもっと早いです)

 

価格:初月無料で4320円と高配当狙いにしては安いです。

馬券種 :3連単120点買いですが、個人的には3連単は推奨しません。

回収率ベースなら3連複の方が良く、点数も20点と少なく済みます。

めじゃーの推奨はワイド15点買いで「オッズカット」をすることです。

3連複もオッズカットをして万馬券に狙いを絞ることで、長期で継続する事ができ美味しい配当に貼り付けるかもしれません。

 

解説:昨年12月のターコイズsの200万馬券がクローズアップされての月額化したこの予想。

ムラもあり、一時期はかなり低迷しましたが10月は3連単45万馬券が当たり、一撃必殺予想の存在感を見せつけてくれました。

 

月額予想化してからの成績は(ターコイズの結果は含みません)

 

◆2016年1月~10月

 

3連単   的中率 14%  回収率 101.9%

3連複   的中率 14%  回収率 144.6%

ワイド   的中率 55.9% 回収率 102.9%

 

という結果に。3連複の最高配当は1218倍と10万馬券を筆頭に、過去には7万馬券も的中した実績もあります。

そして特筆すべきはワイド。抜けた的中率であることが分かります。

もちろん、人気馬同士の5倍以下の配当もたびたびあり、それが的中率をあげてはいるのですが、

ワイド万馬券をはじめ、80倍・70倍・60倍といった配当もあるのでワイドとは思えない配当がとれたりもします。

特に人気馬が全く入ってない買い目の時もあり、それらが抜けたばかりに高配当を逃したという例も…

1,2番人気を足してオッズカットして点数を削るという買い方などで、より高配当がとりやすくなるともいえます。

 

めじゃーがレビューしている中では、高配当実績の最も高い予想です。

 

☆3連単6頭ボックス理論    

詳細・申し込みは  コチラ

 

 

もう1つ紹介します。

「穴屋一発堂」

です。

 

概要: 予想配信で1日5レース程が一番多いですかね。

配信時間は前日夜か当日の朝。これは嬉しい配慮です。

 

価格:初月無料で2980円。穴狙い予想ではかなりの低価格。コストパフォーマンスはナンバー1かもしれません。

馬券種 : 軸馬1頭に紐馬を5頭。単複か馬連、3連複を中心に攻めるのが良さそうです。

 

10万馬券は期待しにくいかもしれませんが、馬連5点で万馬券を何度もとっています。

先週(10月最終週)も2万馬券を的中しております。

紐抜けすることもありますので、特大馬券をとりたければ総流しという手も有効かもしれません。

 

解説: 的中率は高くないですが、意外とコンスタントに当たっています。

その分レース数は比較的多いので、1点100円で十分でしょう。

データはとっていませんが、他の予想でピックアップされた穴馬と相性が良い感じ。

先週の的中は、特典で1か月分閲覧可能な「凄単」でピックアップされていた馬でしたし、

「よく馬券に絡む◎▲」と被った馬が的中していたこともあります。レースを絞りたい方には、他の予想と被った馬にするのはありでしょう。

 

価格帯を考えると非常にお得な予想です。欲張らず早い段階で的中が出て予想代を稼いだら

その月は「見」してもいいくらいです。それこそその後は狙えるレースだけ狙えばいいので、気分的にも楽になるでしょう。

(ま、このあたりは「3連単6頭ボックス理論」も同じですね)

 

☆穴屋一発堂

詳細・申し込みは   コチラ

 

*2016年11月2日時点のデータ・見解です

 

スポンサードリンク

関連記事

カテゴリー

Ninja Tools

スポンサードリンク